ロードバイクスタンド・自転車スタンドのサイクルロッカー

大阪はツーキナブル都市

大阪・京都市内で自転車通勤者のための屋内駐輪場が続々とオープンしています。
展開しているのは「ヴェロスタ」
第1号店は堺筋本町店。2014年6月にオープン。HPをみるとなんと現在満車!です。
こちらでは25台分の駐輪スペースがあり、クランクストッパースタンドを全て採用頂いています。
省スペースで自転車に優しいところを評価頂いています。

その後続々とオープン

本町店(大阪市)
四条烏丸店(京都市)
北浜店(大阪市)
西天満店(大阪市)
西本町店(大阪市)12月7日オープン!
と続々オープンしています。

クランクストッパースタンドを採用しているのは

西天満店、西本町店では、クランクストッパースタンドCS-650を採用頂いております。
利用料は5000円~6000円で、セキュリティ管理されたビルの1室に安心してロードバイクを保管できます。
大阪は東京に比べビルの賃料が安いこともあり、リーズナブルな価格設定ができるので、利用者からも評価を得ているのでしょう。
まだまだ、空きのある店舗も多いので、大阪にお勤めの皆様是非、ヴェロスタを使って自転車通勤を始めて下さい。

一方東京は

東京でも通勤者向けセキュリティ付駐輪場いくつかありますが、月額の利用料が高めの設定でスポーツクラブっぽい施設が多いです。
ヴェロスタさんの施設はシャワーがありません。なので、維持管理の負担が少なく、常駐の管理者もなしで運営されています。ビル賃料も問題もありますが、こういったコスト管理によって低価格が実現出来ています。

シャワーはいらない

個人的見解ですが、真夏の暑い日、炎天下を少し歩いただけで汗が噴き出てきます。でも出勤前にシャワーは浴びません。一方自転車ってゆっくり走れば涼しいんです。風があるから(但し信号で止まったときに汗が噴き出ます)。朝ジョギングの後にシャワーを浴びるように、通勤時にトレーニングがてら、ガシガシ追い込んで漕いでくる方はシャワーが必要だと思います。がんばらないでのんびり走れば歩いているより涼しいです。あるにこしたことはありませんが私は自転車通勤にシャワーが必須だとは思いません。

ともかく、今後、ヴェロスタさんの東京展開も期待しております!!

nishimonmachi-ten2

velosta 西本町店

関連記事

HOT TOPICS

クロスバイクの選び方 サイクリストマンション 自転車部屋!

How To Use MOVIE

設置例 from Pinterest

Follow Me on Pinterest
PAGE TOP