ロードバイクスタンド・自転車スタンドのサイクルロッカー

クロスバイクの超定番は「ESCAPE R3」ですが・・

ジャイアントのクロスバイクと言えば、「ESCAPE R3」が定番ロングセラーでスポーツ自転車のエントリーモデルの代表格であります。2016モデルで55,000円(税抜)、2017モデルでは50,000円(税抜)と初心者でも手の届きやすい価格で、トップブランドのスポーツ自転車が購入できます。ですが、当ブログではこの「ESCAPE R3」ではなく「TRADIST」68,000円というモデルを推奨していました。

なぜ「ESCAPE R3」ではないのか

一番の理由は、フロントの変速が3段だからです。「街乗り」に適していないのです。3段ギヤはウンテンバイク用の仕様なのです。クロスバイクにはフロント3段変速は百害あって一利なしなのです。フロント3段のデメリットは①自転車の重量が重くなる、②チェーンが脱落しやすい、③見た目も無骨になる。使わないギヤが付いているのはデメリットでしかありません。

2016モデルから「TRADIST」が消えました

2015年モデルまでは「TRADIST」というモデルがありました。この自転車はシンプルでフロントギヤは無し、後ろのギヤは8速の構成で、無駄がなくシンプルなモデルでした。フレームの形状もホリゾンタル(トップチューブが水平)でトラッドな外観。手頃な値段でクロスバイクを始めたいという人には、この「TRADIST」をススメテいました。ところがです。2016モデルのカタログからなぜか消えてしまいました。

GIANTの現行モデル(2016)なら

フロントの変速が2段の「ESCAPE AIR」70,000円(税抜)です。フロント変速2段といってもALTUSなのでMTBパーツです。本当ならロード系パーツのCLALISつけておいてほしいところです。「ESCAPE R3」より2万円高いのは大きいですが、フレーム、ホイールをはじめとして、各種のパーツが少しづつ上位で自転車の重量もその分軽量化されています。
「ESCAPE R3」ではなく、「ESCAPE AIR」検討しては如何でしょうか。

新しい自転車を購入したら、自転車スタンドも必須です。「自転車は室内に保管!」

過去記事はこちらから↓

HOT TOPICS

クロスバイクの選び方 サイクリストマンション 自転車部屋!

How To Use MOVIE

設置例 from Pinterest

Follow Me on Pinterest
PAGE TOP